page contents ハーブティー – ハーブのお話 "ITANSE"
  • 072-720-2431

Category Archiveハーブティー

冷え性の原因と症状は?改善と対策にジンジャーハーブティーで温活

【症状】 冬場にある程度手先や足先が冷たくなるのは、当然のことですが、外気温によって冷やされる程度ではなく、手と足の先端がかなり温まりにくく、慢性的に冷えているような感覚があるときに、冷え症と呼びます。   夏なのにからだが冷えている。あるいはからだが冷たいと感じている症状などもそうです。からだの中から冷えるため、少しからだを動かしたくらいでは、なかなか温まらないです。   冷え症は、本来はたらく

フェンネルハーブティーの効果効能と伝説

フェンネルは母親のようなハーブと呼ばれており、女性ホルモン「アネトール」の宝庫と言われています。フェンネルティーは、スパイシーな香りと味が特徴的なハーブティーです。後味に少し甘みを感じますが、ハチミツを加えて頂くとより美味しくなるのでおすすめです。   フェンネルだけで飲まれるよりも、レモングラスなど爽やかな香りのハーブとブレンドするとスッキリとした味わいになります。フェンネルティーは、お腹に優し

タイムハーブティーの効果効能と名前の由来と伝説

「勇気の出るハーブ」と呼ばれているタイムは、ピリッとしたスパイシーな風味にかすかな辛みとほろ苦さがあり後味はすっきりとしています。タイムティーに含まれている主な成分は、チモール、タンニン、フラボノイド、サポニンなどです。タイムティーには、痰(たん)を取り除く効果もあり、痰の絡んだ咳で眠れない時にも重宝します。   タイムティーは、キリッと引き締まった味で清々しい香りが楽しめますが、少し辛味が強いの

スイートバジル ハーブティーの種類と効能効果

「ハーブの王様」とも呼ばれるバジル。好きな方も多いと思います。名前の由来は、ギリシャ語で「王者にふさわしい」を意味する「バジリコス」から付いたようです。   バジルティーの味は、スパイシーかつ後味がスッキリしています。香りは、バジル特有の爽やかな香りです。バジルティーには少々苦みがありますので、シングルで飲みにくい場合は他のハーブとブレンドするとマイルドな味わいになります。   バジルは、幸福をも

ラベンダー&ローズマリー&レモングラス|ハーブブレンドティー

ラベンダー ラベンダーは、「ハーブの女王」とも呼ばれるハーブの代表です。 「洗う」を意味するlavoが由来という説があります。恋愛や愛情に関わる力があると信じられ、男性を魅了するために女性がラベンダーの香りを付けていたと言われています。また、健全で必要な感情を区別できるように手助けをしてくれるともいわれています。   【効能】 ハーブティーとしての効能は、鎮静作用があることが有名で、不安や憂うつ、

ルイボス&ローズヒップハーブ|ブレンドティー

世界中で愛されるルイボスと美の源ローズヒップ。 ローズヒップ ローズヒップは色も綺麗で、名前もおしゃれな美の源。ローズヒップの「ヒップ」とは花が咲いた後にできる赤い実を指します。また、全てのバラから食用のローズヒップが取れるわけではありません。   ローズヒップは、「ビタミンCの爆弾」と言われるほど豊富なビタミンCが含まれ、アンチエイジング効果、豊富な栄養素があるだけでなくメラニン色素の働きを抑制

万能ハーブ|ボルトジンユ「奇跡の薬草」「驚異の薬草」と呼ばれて・・・

【概要】 シソ科プレクトランサス属 非耐寒性多年草 学名:prectranthus ornatus 開花時期: 9~10月頃 草丈: 40~80cm(剪定により調整可)    ボルトジンユやポルトジンユと呼ばれています。少し変わった名前の薬草ですが、「奇跡の薬草」や「驚異の薬草」として注目されています。ボルトジンユは昔、ブラジルへ移民として行った沖縄の方が、帰省の際に沖縄へ持ち込んだ事で広がったと

ぷにぷにアロマティカス

【概要】 シソ科プレクトランサス属 学名: Plectranthus amboinicus 原産地: インドから南アフリカ 開花期:4~8月 花色:紫、青、白 言葉:『友情』『沈静』 丸くて見た目にも可愛らしい涼しげな表情のアロマティカス。 葉を触ると甘いミントを香水にしたような爽やかな良い香りがする植物です。 食用ではなく先ずは香りを楽しんで 「アロマ」という名前がつくだけあって香りが本当に良く

万能薬箱エルダーベリー白い花はハーブティー熟した実はジャムやシロップに

エルダーとはスイカズラ科ニワトコ属の3~10mの低木植物です。木になる果実が「エルダーベリー」です。初夏になると白く小さな花をつけその後にビルベリーに似ている黒紫色の果実がなります。 効能よし、味よし、香りよしのエルダーフラワーですが、熟していない実は毒性があります。 もちろん、お茶にする花の部分には毒性はないのでご安心ください。花が枯れた後に実るエルダーベリーと葉の部分ですがエルダーベリーには美

1本は欲しいレモン・ティーツリー

レモンの香りの常緑樹。大きくなればお庭のシンボルツリーにもなり、美しく庭を彩ってくれます。 【レモン・ティーツリーの概要】 レモンティーツリーは、オーストラリア東海岸の沼沢地帯に自生する樹高8mほどまで生長する常緑樹で、青みがかった葉にはほのかに柑橘系の香りがあります。葉に殺菌力および抗菌力があり、オーストラリアの先住民アボリジニが万能薬として愛用していたと言われています。葉や茎からエッセンシャル
サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。